考えるミニマリスト

ミニマリストから始まったブログ。服を一種類にしたい。

歌い手や歌手に闇はあるのか?素人MIX師なりの意見

 

こんにちは

 ミニマリストゆうきです

 

いやもはやミニマリストと名乗れるほどそんな記事を書いていないw

 

 

今回は趣味でMIXをしているので

編集する中で編集できる部分と出来ない部分

そんなことを書いていこうかなと思います。

 

DTM 防音室 DAW MIX 宅録 歌ってみた WAVES プラグイン ボーカルライダー vocal rider  音楽 オートメーション 自動 音量

 

 

何とかなる部分

 

タイミング、

 

→伸ばし、や、伸ばし足りてない箇所を長くすることは可能

→やりすぎると不自然になる

 

音程(ピッチ)

→1音、2音程度だと不自然にならない

 

 

正直この2つがどうにかなれば結構何とでもなるんですけど、

この二つだけです。

 

何とかならない部分

それ以上に歌には大事なものがあって

 

「声の苦しさ」です

 

無理やり出した声はカラオケではそれなりに馴染んで聴こえても、

録音すると、苦しい声というのは浮き彫りになります。

 

 

それをみんな何とでもなると思ってるような方がいれば、

そこは認識に誤りがあるという事で、

 

例えば 楽に出せる音域で 楽に歌って、

 それから、音程補正する

という事も出来ますが、不自然になるのは回避できません。

 

基本的にいじればいじるほどほかの綺麗な箇所との調整が難しく

違和感が生じてきます。

音域が上下するポイントでなめらかな移り変わりまで調整できるかというと

とぎれとぎれになってしまう事もある為、

厳しい所があります。

 

また、カラオケは微々たるズレなら合っているとみなされます。カラオケより音程のズレは明確になり、より違和感が出てきます。

 

思ってる以上に編集ではどうにもならない部分がありますから、

なんとでもなるとは思わないでくださいって感じでした。

録音してそこそこうまい人はカラオケで歌うともっとうまいです。

 

 

声の苦しそうな参考動画が無いのが申し訳ないですね。

僕の歌ってみたは比較的苦しいですけどねw

 

という話でした。