考えるミニマリスト

ミニマリストから始まったブログ。服を一種類にします。また健康知識を駆使し、健康寿命の最大化を測ります。

[poem] 人生はまるで積み木遊びのように自由なもので。

 

紙屑 紙 シンプル ノート 捨てる ゴミ 心 廃材 廃止 廃棄 ゴミくず ゴミ箱

Steve JohnsonによるPixabayからの画像

 

心をミニマルにできたなら。

心の余計な部分を、

もっと自由に排除出来たなら、と

思う毎日だ。

 

 

 

スマートフォンのアプリのように

Apple Storeが脳や心臓で、

必要な時に

インストールできたらなぁと思う。

 

今からデートだから

「愛情をダウンロード」なんて具合に。

はたまた、

今から勉強するから

「寂しさ」「飽き」を削除しておこう。みたいな。

夢のような生活になると思う。

 

 

 

こんな事はみんな昔から思ってきた事なんだろう。

でも未だに人類は進化しないし

きっと、それが現実化すると

 

人生の寄り道がなくなってしまって、

 

人生の深みがなくなってしまう。

 

 

 

きっと僕たちの感じる余計は

必要な時間なのだろう。

 

毎日同じ繰り返しだ、と言いながらも。

毎日違う楽しさを感じているのだろうし

違う寂しさも辛さも感じている。

 

その余計な時間が作り出す深み。

それを素直に感じる事ができない。

 

何かを成し遂げたいと思う強い気持ちが

それを削除したがっている。

 

 

何かを成し遂げるには

きっと邪魔な事だらけだが、

その邪魔がいつか役に立つ場面があって、

その時初めて

全ては無駄ではなかったと感じる。

 

 

 

その辛さも嬉しさも喜びも

巡り巡って

いつか返ってくるのだろう。

 

そして、皆、必死に生きているんだから、

頑張って生きなければと今日は感じた。

きっとその苦しみはすべて乗り越えられる試練だから与えられたものだ。

何かを得てやるぐらいの気持ちで生きてみよう。

 

僕のミニマルにしたかった心はもっといろんな事を求めているのかもしれない。

書いてみて思った。

 

積み木のようにぴったりと型にハマる事が無いのが人生で、

積み上げるのも、横に並べるのも人生で、

そこにハマるピースが一つだけと決まったパズルとは違うのが人生で、

正解が無いのが人生で。

 

積み木 おもちゃ 自由 型 はまる ハマる パズル 遊ぶ 遊び 玩具 赤ん坊 人生

ThaliesinによるPixabayからの画像