男の一人暮らし、ミニマリストなブログ

ミニマリストから始まったブログ。服を一種類にします。また健康知識を駆使し、健康寿命の最大化を測ります。

ボイトレ、高音の出し方(体の使い方)【シアーミュージック】

こんにちは、ゆうきです

 

ボイトレに通い始めて1年以上たちました。

今回は高音を出す為の体を使ったテクニックを纏めます。

 

シアーミュージック

全国約40校のミュージックスクール

 

 

スピーカー モニタリング ヘッドホン MIX 編集 宅録 音楽 機材 Cubase 歌ってみた 作詞 作曲 打ち込み DTM DAW ボイトレ ボイストレーニング

Photo by Vishnu R Nair from Pexels

 

 

喉で歌わない

してはいけない事の1つですが、

喉を絞って「あ”あ”あ”・・・・」みたいな声を出さないように気を付けましょう

下に書いてます、お腹に力を入れることを意識すると

喉に負担を掛けずに歌う感覚がつかめてくると思います。

 

高音を出す心の準備

簡単な事ですが、

これから来るぞ!って思って事前に

喉を作っておく

 

お腹にぐっと力を入れる

高い声を出すには

お腹にぐっと力を入れ、

お腹を広げるイメージ。

スピーカー モニタリング ヘッドホン MIX 編集 宅録 音楽 機材 Cubase 歌ってみた 作詞 作曲 打ち込み DTM DAW

Photo by Binyamin Mellish from Pexels

 

しゃがむ

しゃがみます!!

コレかなり使えます

コブクロの黒田さんがよくこれを使います。

高い所で、一瞬しゃがんでたりします。

(動画を確認したら首を動かしてることが多いです。)

それも同じ効果があると思います。

始めはしゃがむことから始めると良いと思います。

 

お腹にぐっと力を入れて、

しゃがむ 

「出でそうで出ない」そんな所があれば一度やってみてください

 

 

高音を出すには勢いが必要で、

その勢いを高めてくれる効果があります。

 

いきなり上がる高い所や、

ロングトーンではない箇所では使えるテクニックです。

 

www.youtube.com

 

下半身を意識する

高い声を出そうとする時、上半身を意識して

上に上に意識を持ち上げがちです。

それだと喉で歌う事に繋がります。

 

足に意識を向けてください

地面をしっかり踏み込むイメージ。

しっかりした支えが上半身を支え、高い声を安定させます

 

ブレスの位置

息が詰まってくると、声が安定しなくなってきます。

原曲を聴いて、どこで息継ぎをしてるか、

 

自分は息が持たないっていう場合は、

ブレスの練習をしてみるのもいいかもしれません。

 

 胸式呼吸

 多くの人は出来て無い事が多いです。

お腹で息を吸うんですが、

 

歌ってる間、息を吸うたびに肩が上下してませんか?

胸式呼吸ができていると、お腹が膨れたりへこんだりするだけで、

肩が上下しないんです。

 

www.youtube.com

 

プロのアーティストのライブ映像を見るとわかりますが、

上下している人は少ないと思います。

 

お腹から声を出す、というのはこれですね。

 

 

上の動画では、

冒頭の歌いだしから顕著に分かります。

全然肩が動いてませんね。

ラストの張り上げるところでは、お腹に力を入れているのも分かりますね。

しっかりと体を使って歌うという事が分かると思います。

 

シアーミュージック

全国約40校のミュージックスクール

 

 

ここで学んでおります

通い始めて苦しそうな高音とかも

少しずつましになってきて、

高い声も伸びてきました。

 

書ききれてないテクニックとか

個人に合わせて課題曲を決めて歌を練習しながらトレーニングしてくれています。

 

無料体験だけでも受けてみるといいかもしれませんね。

 

 

www.yuki-minimalist.com